事務所ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.01.21更新

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 昨年は、地震や台風など災害が多発しGDPにも影響を与えるほどの年となりました。何時何処でどのようなことが起こるか分からない日本列島に住んでいる以上、災害を想定しお互い万全な備えをしておく必要があるのではないかと実感しております。
 ただ、昨年は、2月に行われた冬季オリンピックでは、羽生選手の活躍が感動を与え、最高のメダル獲得数で盛り上がりました。また、6月のサッカーのワールドカップでは、戦前の前評判が非常に低かったにも関わらず、予選リーグを突破し、アジア勢では唯一のベスト16まで残り、世界を驚かせました。また、卓球やバトミントン、水泳など世界の壁を乗り越えようとする若い選手が活躍するようになり、2020年の東京オリンピックに向け順調に育成が進んでいるように感じます。他方、日本大学ラグビー部のラフプレーに始まり、女子レスリング、アマチュアボクシング協会、ウエイトリフティング協会、女子体操界など古い体質が浮き彫りにでて、選手ファーストの徹底が求められた年でもありました。
 政治経済の世界では、米国と中国の覇権争いが激化し、貿易戦争、知的財産権を巡る争いなど暗い影を落とすようになりました。西欧では、英国のEUからの離脱交渉が大詰めを迎え、仏国での暴動、ドイツでは難民受入を巡るメルケルの党首辞任など不安定な政情が続いております。
 かように、今年は去年からの推移を考えれば、混迷がさらに続く政治・経済情勢が予想されるも、日本では、来年には東京オリンピックを迎え、また、2025年には大阪万博が決まったことで、たとえ10月から消費税が10%になるとしても日本経済は、これを乗り切れる知恵と体力があるのではないかと少し楽観視しています。
 なお、1月半ばごろに案内を差し上げる予定にしておりますが、当事務所では、長年事務所を支えてくれた加藤雄一弁護士が1月から独立し、新しい事務所を設けることにかりました。ただし、これからも連携していく所存にて皆様のご厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。他方、昨年司法修習を終えたばかりの光野良祐弁護士が加入致しました。明朗快活な人物です。皆様のご期待に応えるべく精進致しますのでよろしくお願い申し上げます。

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所