事務所ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2013.02.25更新

 先週末、今年二度目の京都旅行に行ってきました。
 今回の目的の一つは、「食」restaurant何を食べようかと悩んだ挙げ句、大学院時代によく通っていた懐かしいお店巡りをすることにしました。
 ホルモン焼き屋、バー、たこ焼き屋、など、限られた時間とお腹をフル活用して食いだおれ。
 中でも、おすすめは、錦市場にある、そばや丼モノ屋の「まるき」の親子丼。懐かしさを感じる地味目な外観ながら、いつも常連のお客さんらしき人たちで賑わっています。ふわふわ卵とぷりぷりの鶏、京都風の少し甘めの出汁に山椒がきいていてとっても美味しかったです。ごちそうさまでしたnote
 お腹も心も大満足の旅で、元気を充電できましたdelicious
 

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所

2013.02.13更新

2月9日,「名古屋30K」という30キロのマラソン大会runに参加しました。この大会では,キロ4分15秒、4分半~7分まで30秒間隔でペースメーカーが配置され、レースで目標とするペース配分で走ることを体験できるのです。 国営木曽三川公園138タワーから木曽川の堤防を愛岐大橋で折り返し,2周するというコースです。
私は,1か月後に迫った名古屋ウィメンズマラソンに向けたペース走のトレーニングを目的として参加しました。
会場に到着すると,テントがたくさん設置され,それぞれに,おにぎり,ドーナツ,バナナ,飲み物,アミノ酸ゼリーなど,自由に食べることができました。これだけ食べ物が充実した大会ははじめてでしたnoteup
いよいよスタート。愛岐大橋まで順調にキロ5分20秒から30秒のペースで走ることができました。ところが折り返したらもの凄い向かい風typhoon。ペースは最初それほど落ちませんでしたが,138タワーに着くころには左脚が攣りそうな感覚になっていました。ペースもキロ6分と落ちました。また最近の嫌なパターン(脚が攣る)になるのかなあweep,と思いながら折り返し再び愛岐大橋へ。追い風になると脚の攣りがおさまってきて,愛岐大橋につくころにはペースもキロ5分40秒程と再び上がってきました。そして最後の折り返し。向かい風で脚が冷えるのか,再び左脚が攣りそうな感覚になりました。目標は名古屋ウィメンズマラソン,ここで故障してはならないので,ペースをキロ5分45秒程に落とし,何とか攣らないように筋肉の使い方を調整工夫しながらゴール。
タイムは2時間53分。夏からの故障によるトレーニング不足ではありましたが,なかなかの好タイムで走り切ることができました。
この大会では非常に大きな勉強をすることができたのも成果でした。脚が風で冷えると脚が攣る,風があたらないと脚の攣りが回復する!ということです。レース中の脚の冷えが脚の攣りを招く1つの大きな要因であることが分かりましたflair!!
そのため,名古屋ウィメンズマラソンでは,腰から下の防寒について工夫をして挑みたいと思います。故障によるトレーニング不足で,最近の大きな目標サブフォー(4時間切り)達成は難しいかもしれませんが,少し希望を持つことができ,私にとって非常に有意義な大会でしたconfident
終了後,会場内にはオレンジジュース,バナナ,カップヌードルなどの食べ物が相変わらず充実しており,30キロ走後の速やかな栄養補給が出来ました。名古屋30K,非常に配慮の行き届いた良い大会でしたshine

その翌々日,再び京都にトレイルランニングに行きました。脚に負担をかけず,心肺機能を強化することが目的です。前回日が落ちてしまったために頂上間際で引き返さざるを得なかった比叡山に再度のチャレンジ。今回は雲母坂と言われる京都からのコースでチャレンジしました。今回は日暮れにも備え,頭につける登山用LEDライトも持参です。百人一首で有名な嵯峨野の小倉山でウォームアップランニングをした後,比叡山に入りました。やはり険しい山道,息が上がりっぱなしですsweat01。走れるところは走り,後は早歩き。だんだん上に行くに従い雪道snowとなっていきました。激しい息づかいのまま休憩もなく登り続け,頂上の根本中道に到着!!最後は登りダッシュdashのトレーニングも出来ました!!前回に比べて格段に登る速度も上がっており,脚力の強化を感じることができました。頂上で10分程休憩の後,帰路の下り坂。雪で滑りそうになるのを堪えながら,かつ可及的速やかに下り続けましたが,やはり日没。ライトをつけて走る比叡山の下りは,何とも言えない恐ろしい雰囲気で,たまに見える京都の碁盤目状の夜景が次第に大きく,鮮明になってくると,やっと気持ちも安心出来ました。

この三連休は名古屋ウィメンズマラソンの1か月前ということもあり,走り込みを行おうと思っていましたが,それが十分達成出来た有意義なものとなりました!!upwardright

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所

2013.02.07更新

 2月3日に、地元で言うところの、ぼた焼きに始めて参加してきました。山焼きとか畑焼き、野焼きとも言います。山の斜面や、田、畑のあぜ道、のり面の枯れ草を焼く、まだ新芽の少ない立春の頃、農業地域で行われる行事です。 今は、火災の危険や二酸化炭素等の発生などのことを考え、勝手には出来ず、私の住む地域では消防署からの許可を得て年一度行われているようです。昨年末に父親が亡くなったので、かわりに参加することになった次第です。
 あいにく2月2日の午前中まで雨が降っていたこともあり、少し燃えにくく、直ぐ消えてしまうこともしばしばで皆さん苦労されていました。それでも南斜面の日当たりの良い場所は火のつき具合も良く、怖いぐらいに炎が立ち上がり、北風に煽られて風下に向かって勢いよく燃えていきました。念のため消防車が待機していましたが、私以外の参加者は毎年参加しているベテランの方ばかりで、要領よく、かつ、危険を避けて作業をされておられ昼頃には予定していた範囲をやり終えました。参加しただけで何も働かなかったにもかかわらず、御礼としてお菓子と飲み物などをいただき帰ってきました。
   山焼きの 炎で去年(こぞ)を 消してゆく                                      中山信義

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所

2013.02.04更新

1月26日,今年も恒例の名古屋ミニ駅伝に愛知県弁護士会のランニングクラブ員5名と参戦しました。
私は,今年はアンカーをつとめさせていただきました。
割当の距離は3.2キロ。長距離のレースとは異なり,心臓の鼓動が鳴り響き,苦しい距離です!!coldsweats02
しかし,先日来のトレイルランニングの効果があったのか,スピードを出し続けてもそれほど心肺機能の限界が訪れません。やはり身体は正直,トレーニングは裏切りません。チーム員の1人としての責任感にかられて走り続けられました,最後の瑞穂陸上競技場を,チーム員や,その他のランニング仲間からいただいた声援を力に,懸命に一周し無事にゴールshine。アッという間の13分程でした。
全体の順位は上位3分の1程と去年と同じくらいでしたが,チーム員1名の突然の胃腸風邪ダウンというハプニングがあった割には大健闘と言える今年の駅伝でした。

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所