事務所ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.06.02更新

 今年の連休は、自宅の掃除でもしてゆっくりしようと思っていたところ、急に弘前城の桜を見に行くことになりました。訪れた友人が、口を揃えて絶賛していたこと、1年ほど前、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組で弘前城の桜の管理人が出ていたことで興味を持っていたのですが、さらに、弘前城が改築されるため、城と桜が同時に見えるのは今年限りとの、いわゆる何とか限りという話に乗ってしまったためです。
 弘前に着いたのは、5月4日でした。しかし、桜の開花時期が昨年より10日以上も早く、既にソメイヨシノはほぼ散って葉桜となっていました。救いだったのは、枝垂れ桜が満開であったことと、夜桜見物が意外と風情があり、面白かったことです。

  ライト浴び 滝のしぶきか 紅枝垂れ



 これだけでは、ブログに書くにはどうかと思っていましたが、最近、ラジオを聞いていましたら、城マニアが弘前城の話をしており、堀の外と内では表情が違うと言っていました。撮してきた写真を見比べると、確かに外と内では窓の形がかなり異なり、違う雰囲気となります。外から城に入ってきた敵に、中に入ってみると別の城だと勘違いさせ、混乱させるのが目的だと城マニアの人は言っていましたが、真偽はわかりません。

   外から見た弘前城              中から見た弘前城

 
 

投稿者: 中山・辻・加藤法律事務所