不動産問題

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

不動産トラブル

不動産トラブルで多い悩み

「土地や建物の売買でトラブルが発生している」
「家を購入したが雨漏りする」
「家賃の滞納に困っている」
「土地や建物の明け渡しを請求したい」

…このようなとき、解決のための落としどころを提示いたします。

売買トラブル

不動産の売買は高額取引。トラブルも重大で深刻になりがち

「一度売買契約を結んだが、取り消したい」
「購入契約をしたのに、取り消したいと言われている」
「売買契約を結んだ物件が最初の話と違う」

…不動産売買にまつわるトラブルもさまざまあります。金額が大きいだけに「ちょっとしたトラブル」で終わらないのが大半です。
少しでも早く、双方がある程度納得するラインでの解決を図りましょう。トラブルが発生してからはもちろん、トラブルを未然に防ぐために、契約締結前のご相談もお受けしています。

賃貸トラブル

賃貸トラブルで一番多いのは家賃滞納

家賃を滞納する借主と大家(貸主)との間で、交渉ができて支払いが進めばいいのですが、うまくいかない場合に立ち退きや賃貸契約解除等を要求する場合、法律的な知識が不可欠です。

マンショントラブル

管理費滞納はマンションの資産価値にもかかわる問題です

マンションの維持管理には、管理費や修繕積立金が必要です。
これらが滞ることは、適正な維持管理が困難になることを意味し、ひいてはマンションの資産価値を落とすことになりかねません。
また、敷地内駐車場の問題や大規模修繕に関するトラブル等もあります。さらにマンションには個人所有の場所だけでなく、共用スペースが存在します。特殊なトラブルについても当事務所にご相談下さい。

管理組合の対応

マンション管理会社だけでは対応できないことも

マンション管理会社が行う日常的な管理業務だけでは対処できないトラブルも、弁護士に依頼することで交渉がスムーズに進んだり、トラブルの未然防止のためのアドバイスが得られたりできます。

建築問題

手抜き工事に欠陥住宅のトラブルは専門知識がないと解決が困難

詐欺まがいのリフォーム工事に伴うトラブルも相変わらず後をたちません。
手抜き工事や欠陥住宅に伴う建築業者や請負業者との交渉は、建築や建設に関する専門知識がないとなかなか難しいものです。悪質業者に毅然と対応できるのも、専門知識があってこそ。損害賠償や修理代金の請求などの算定をスムーズに行うためにも、弁護士にご相談ください。